• フローリングの修理方法について

    • 現在アパートや住宅にしかり、フローリングの床が支流になってきております。フローリングは、歩行をしたり飲み物をこぼしたり、物を落としたりなど非常に傷が付きやすく劣化が激しい部材です。
      そのため、定期的なメンテナンスと修理が必要となってきます。一般的に多い事例の物を落とした際の修理方法としまして、素人のお客様でも可能な方法は、ホームセンターなどで購入できる傷を埋めるクレヨンが御座います。

      産経ニュースに関する情報が満載です。

      使用方法としては、傷が出来てしまった部分に、クレヨンを溶かして充填します。


      充填後に乾燥させクレヨンを専用のヘラで削り取り傷や凹みを埋める方法です。
      この方法は、少ない材料費と専門の技術を持たないお客様でも修理できる事がメリットです。



      また、修理後は硬化するため拭き掃除などのメンテナンスを容易です。

      しかし、色や材質の違いが出てしまったり無垢のフローリング材には不向きなどのデメリットも存在します。その様に直したとしても、神経質なお客様などは納得しない場合が御座います。
      その場合は、専門のフローリング補修業者様へ委託する方法もあります。
      補修の専門業者様は、ホームセンターなどでは購入出来ない特殊な補修材や道具などを持参しております。

      そのため、傷や凹みなどを最初から付いてなかったかの様に補修します。


      良く新築工事の引き渡しのチェック後に工事に入るため、信憑性も高いです。



      しかし、特殊な工事となるため、費用面がどうしてもお客様自身で直した場合よりは高くなってしまいます。

      どちらの方法も、一長一短ではありますがお客様の納得できる修理方法で検討して頂きたいです。


  • 関連リンク

    • フローリングの修理方法

      最近の住宅は和室より洋室が増えて、その分床のフローリング仕上も増えてきました。しかし新築して10年も経過すると、床のフローリングは傷が入ったり場合によっては割れたり穴が開いたりする場合もあります。...

    • フローリングの修理について

      掃除がしやすい上にダニが付きにくく、ハウスダストがたまりにくいフローリング。カーペットと違って静電気もおこりにくく、家具などを置いても凹んだりしにくい点もメリットです。...