• フローリングの修理方法

    • 最近の住宅は和室より洋室が増えて、その分床のフローリング仕上も増えてきました。


      しかし新築して10年も経過すると、床のフローリングは傷が入ったり場合によっては割れたり穴が開いたりする場合もあります。そこで修理が必要になってきますが、新建材である合板などのフローリングは部分的な修理は難しいのが現状です。


      そこで新築時に新建材のフローリングを使用した場合は、補修用に予備のフローリングをもらっておくと良いです。キズ程度なら補修液で修理が出来ますが、割れや穴が開いたらその1枚を丸ごと取り換えると良いでしょう。


      無垢のフォローリングの場合もキズ程度なら補修液で修理が出来ますし、重い家具を置いたへこみの後は熱湯を注ぐと元に戻る場合があります。

      無垢材の場合も新築時に補修用の予備罪をもらっておくと、大きな修繕などの出た場合は1枚取り換えると良いでしょう。
      割れなどの場合は木材用の接着剤で元の様に付く場合もあります。
      割れが広い場合は同じ材質の木材を削って、木材用の接着剤でくっ付けて床面を平らに削ると良いでしょう。



      補修跡が目立つようであれば上から補修液を塗ると良いでしょう。

      穴の開いた場合は大きな穴は同材を削って接着剤を付けて埋め木をしてやり、はみ出した部分を綺麗に削り取って床面と均一にしてやりましょう。



      小さな穴の場合は思い切ってドリルなどで穴を広げて、同材で埋め木をして平滑に削り取って仕上げましょう。
      いずれの場合も修理跡が目立つようなら、補修液で床と同色に塗ってやると良いでしょう。

      期待できる産経デジタル関する情報探しのお役に立つサイトです。

  • 関連リンク

    • フローリングに傷がついてしまった時の修理方法

      フローリングについうっかり物を落としてしまったりして傷がついてしまったとき、まず考えるのが専門業者に依頼することですが、専門業者に依頼すると張り替えなどでとても高額になってしまいます。数か所に傷が点在している程度であれば、自分で修理することもできます。...

    • フローリング補修のプロの仕事の特長

      フローリング補修は最近では自分で簡単に行える様になっており、DIYショップなどではたくさんの補修キットも販売されているため、自分で補修するという人も非常に増えています、しかし、自分で補修を行った場合には様々な問題が起きることも多く、美しく治すのであればプロに依頼する方が確実です。プロのフローリング補修の特長は、第一に沢山のフローリングを補修してきた経験に裏打ちされた様々な補修方法にあります。...