• フローリングに傷がついてしまった時の修理方法

    • フローリングについうっかり物を落としてしまったりして傷がついてしまったとき、まず考えるのが専門業者に依頼することですが、専門業者に依頼すると張り替えなどでとても高額になってしまいます。
      数か所に傷が点在している程度であれば、自分で修理することもできます。



      フローリングの修理というと難しそうに聞こえますが、現在ではホームセンターで必要な道具や薬剤がセットになっている補修キットなども売られているので、初めての方でもきれいに修理することができます。



      具体的な修理方法についてですが、自分で行うフローリングの補修にはテープを張るものと凹みをパテで埋めて色を塗りなおすものがあります。
      テープを張るものはテープを切って傷がある場所に張るだけなので作業は簡単ですが、色のバリエーションが限られているので自宅のフローリングとぴったりくる色のテープを探すのに苦労します。


      もし自宅と大きく異なる色のテープを張ってしまった場合には、その部分が非常に目立ってしまうので、かえって逆効果になってしまいます。
      一方、凹みをパテで埋めて色を塗りなおすものは作業工程が多く、時間がかかるのが難点ですが、カラーバリエーションが豊富であり、ぴったりな色が市販されていない場合でも自分で調合して色を作り出すことができるのがメリットです。

      朝日新聞デジタルの喜びの声を頂いています。

      ダイニングや廊下など、客人を通す場所にはこのタイプを使い、家族しか立ち入らない場所にはテープを張るものを使うのも悪くありません。

  • 関連リンク

    • フローリングに傷がついてしまった時の修理方法

      フローリングについうっかり物を落としてしまったりして傷がついてしまったとき、まず考えるのが専門業者に依頼することですが、専門業者に依頼すると張り替えなどでとても高額になってしまいます。数か所に傷が点在している程度であれば、自分で修理することもできます。...

    • フローリング補修のプロの仕事の特長

      フローリング補修は最近では自分で簡単に行える様になっており、DIYショップなどではたくさんの補修キットも販売されているため、自分で補修するという人も非常に増えています、しかし、自分で補修を行った場合には様々な問題が起きることも多く、美しく治すのであればプロに依頼する方が確実です。プロのフローリング補修の特長は、第一に沢山のフローリングを補修してきた経験に裏打ちされた様々な補修方法にあります。...