• フローリングの修理について

    • 掃除がしやすい上にダニが付きにくく、ハウスダストがたまりにくいフローリング。
      カーペットと違って静電気もおこりにくく、家具などを置いても凹んだりしにくい点もメリットです。


      見た目もすっきりしてスタイリッシュ、といいところばかりのようですが、どうしても避けられない弱点があります。



      それは傷がつきやすいところ。
      生活していれば必ず椅子をひきずったり、物を落としたりするので、傷がつきます。

      口コミ評判の高い産経デジタル情報を見付けるのに、このサイトを参考にしてみてはいかがでしょう。

      飲み物をこぼす、あるいは日に当たって焼ける等もフローリングの劣化を進ませる原因になります。
      日焼け部分や傷に水分がつけばますます傷みは酷くなります。

      傷みがそれほど激しくないうちならば、例えばホームセンターなどで手に入る補修キットで傷を埋めてやるといった簡単な修理でも効果があるですが、それでは手に負えなくなってしまったら、いよいよ本格的な修理を考える時です。

      ここで考えるべきなのはどう修理するかです。
      一旦敷いたフローリングをきれいに剥がすことはとても難しく、フローリングの張り替えは床材から交換する大規模な工事になります。

      傷で見栄えは悪くなっていたとしても、その下の床材にはダメージがない場合、張り替えるよりも、上に重ね張りする方法(レイヤー工法)がおすすめです。



      レイヤー工法は工期が短く、音やほこりも出さないので、住みながらの修理に向いています。

      費用もとても経済的に仕上がります。
      傷んでいない床材を壊して余分な廃材を出さない点も環境に優しい工法です。
      しかし、レイヤー工法が使えるのは床材にダメージが全くない場合に限られます。下地板や床組が傷んでいる場合は、たとえ工期が長くなって費用がかかっても、音やホコリが出て住みながらのリフォームは無理だとしても、修理は床材交換の上、全面張り替えの一択になります。

  • 関連リンク

    • フローリングに傷がついてしまった時の修理方法

      フローリングについうっかり物を落としてしまったりして傷がついてしまったとき、まず考えるのが専門業者に依頼することですが、専門業者に依頼すると張り替えなどでとても高額になってしまいます。数か所に傷が点在している程度であれば、自分で修理することもできます。...

    • フローリング補修のプロの仕事の特長

      フローリング補修は最近では自分で簡単に行える様になっており、DIYショップなどではたくさんの補修キットも販売されているため、自分で補修するという人も非常に増えています、しかし、自分で補修を行った場合には様々な問題が起きることも多く、美しく治すのであればプロに依頼する方が確実です。プロのフローリング補修の特長は、第一に沢山のフローリングを補修してきた経験に裏打ちされた様々な補修方法にあります。...